〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
報告・小菅村・第9回奥多摩源流トレイルラン
0

    ゴール10日に山梨県小菅村で開催されまし第9回奥多摩源流トレイルラン。スタッフで協力いただきました会員の皆様本当にご苦労様でした。今回申し訳ないことに、私が既に選手でエントリーしたあとの募集にも関わらずスタッフ派遣ができたことは当協会と小菅村の深い繋がりを示すものではないかと思います。皆様の応援のお陰で完走できました。また広瀬さんには当協会会員を取りまとめていただき感謝申し上げます。ありがとうございました。

    私が選手として走ってみての感想ですが、この大会ほど暖かい応援スタッフが多いトレイルラン大会はないと思いました。コースの大半は深い森の中で、針葉樹の急斜面を抜けると稜線はブナやミズナラの林間の尾根道です。ですからスタッフは配置される場所によっては1200m級の稜線まで荷物を持参して登らなくてはなりません。当然車は途中までなので普通のマラソン大会とはサポートする側の大変さが違います。このイベントに必要なスタッフ数は200名にもなるそうです。小菅村の人口が700名ほどですから驚きですね。

    舩木村長のお話しでは来年は「第10回記念大会」として更に盛り上げていくとのこと。当協会としても微力ながら協力していきたいと思います。またこの大会を主管運営するKFC青梅トライアスロン協会のスタッフと大西さんは大会の動画をドローンで空撮するなど新たな試みをされていました。しかしながらKFC大西代表の運営方法で私が一番素晴らしいと思うのは「山で挨拶できる人」をイベントの参加条件に入れていることです。

    これは本当に大切なことで、今回もコース上に一般の登山者もいました。道を開けてくれた登山者に対して「こんにちは、ありがとうございます」が言えないならトレイルランニングは市民権を得られないことでしょう。

    我々が大西さんたちKFCから学ぶべきは自分から挨拶する人間になることです。フィールドで釣り人にあったなら自分から笑顔で挨拶する。「こんにちはー、今日はいかがですか」とか「こんにちは、後ろを通ります。ありがとうございます」でも良いと思います。ポイントは最後に「ありがとうございました」を付け加えること。こんなところから気持ちの良い釣り場と釣り人を増やしていきたいですね。(吉田俊彦)

    奈良倉山

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    登り

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ゴール
     

    | カテゴリー未設定 | 08:53 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    不老川スタッフ募集!
    0

       

      大物賞9月17日日曜日に「不老川生き物調査」が開催予定です。9月は何かとスタッフ募集が続き恐縮です。このイベントは河川浄化団体『不老川をきれいにする会』(事務局入間市環境課内)の主催で行われます。昨年度は予定されていましたが台風によりやむなく中止となりました。我らがバーブレスの誇る釣り体験の精鋭スタッフで乗り切りたいと思います。当会規定による薄謝がございます。

      当日のスタッフの集合場所と時間をお知らせいたします。

      • 一次集合 バーブレス事務局 7時
      • 2次集合 現地・入間市宮寺公民館 7時30分

      はとごや写ってるよ
      ※なお宮寺公民館駐車場から現地までは徒歩で5分ほどかかります。

      以下入間市が作成した一般参加者向けの実施計画書です。ご協力いただけます方は事務局までメールでお知らせくdさい。どうぞよろしくお願い申し上げます。(事務局=吉田俊彦)

       

       

       

      不老川生き物調査実施計画書

       

      1.目 的    不老川への関心を高め、川の浄化や水辺環境の向上へつなげるため、日頃自然に接する機会の少ない子供達に、身近な不老川での生き物調査体験を通して、自然の大切さを学び、昔のように川の中で水遊びができる水辺環境を取り戻すことを目的とする。

       

      2.主 催     不老川をきれいにする会

        協 賛   特定非営利活動法人 バーブレスフック普及協会

              公益財団法人 日本釣振興会 埼玉県支部

              入間漁業協同組合

       

      3.日 時     平成29917日(日)小雨決行(※荒天中止)

                     午前830分〜午前11時(集合:午前800分までに会場へ)

      ※雨天判定、午前630分。河川水量が多く危険な時は中止の場合

      あり。

       

      4.会 場     不老川河川敷(宮寺地内大橋付近)

       

      5.内 容     ・水辺の生き物の捕獲調査・実技等の説明

                     ・魚つり体験(実習形式)。

      ※魚の放流は行わない。釣道具は入間漁業協同組合より借用予定。

      釣り餌は公益財団法人 日本釣振興会 埼玉県支部より提供予定。

      ・五感による河川環境指標調査(川の好感度チェック)による環境

      評価

       

      6.対 象     子ども(小学生以下は保護者同伴) 先着15

       

      7.指導者     吉田俊彦氏

      (特定非営利活動法人 バーブレスフック普及協会 代表理事)

       

      8.参加費     無料(タモ網、バケツ、軍手、ノートは会で用意)

       

      9.持物・服装  ・帽子、タオル、着替え、飲み物、筆記用具 等

      ※捕った生き物・魚を持ち帰る場合は、ビク等の入れ物を用意

      ・川へひざ下まで入るので、半ズボン(学童は水着着用を推奨)及び

      濡れてもよい靴(裸足で川へ入ることは危険)着用のこと。

       

      10.申込み    8月1日(火)から8月25日(金)までに事務局(市役所環境課)04-2964-1111 (内線)42254226へ申込み

       

      以上

      | カテゴリー未設定 | 11:53 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      楽しかった平塚新港の海釣りイベント
      0

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        20日㈰、第1回海釣りイベントが開催され11名の会員とご家族様が湘南の平塚新港に集合しました。今回特別なゲストとして駿河台大学の平井純子教授とご家族様が釣り体験されました。お天気が不安定な中遠路ご参加いただき皆様本当にありがとうございました。

        八時半の開場を待つさて、当日のお天気は曇りで時々小雨がぱらつく空模様。波も穏やかで暑くはない釣り日和でした。左の写真は8時半の防波堤の開門時間を待つバーブレスのメンバーです。ずるして既に入っている人もいましたが、ルールを守って楽しい釣りをしましょう。

        ところで事務局では前日に上州屋狭山店で冷凍アミとサビキ仕掛けをたくさん用意しておいたのですが、よせ餌にするためのアミが凍った状態のままで使えず最初から悪戦苦闘。クーラーに入れて一晩でも溶けていませんでした。どうにか9時にはみんな釣りはじめましたが、どうも魚の気配がありません。気になって広い平塚新港をグルっと見回しても魚が釣れている様子がないのです。10時になってもアタリなし。これじゃバーブレスフックの実験をするどころか全員オデコなんてこともあり得るなとこの時は思いました。この状況を最初に打開したのは飯能から参加してくれた中一の三上亘君(写真で赤いシャツの男の子です)。白いサビキでウルメイワシを見事釣り上げました。釣り初めてから1時間半誰も釣れなかったのだから大喜びです。10時半ごろからはウルメイワシの大群が回ってくるようになりました。あちこちで釣れ始めました。イベント終了時刻の11時はまさに佳境。入れ食いで終了できるわけないですね。こんな状態が断続的に続きましたが、しばらくすると魚はいるのに簡単には釣れなくなりました。よく見るとウルメイワシの群れではなくてイナッ子(ボラの子供)の群れに魚が入れ替わっています。ほとんど釣れなくなりちょうどお昼に納竿としました。

        毎週ここに釣りに来ている地元のおじさんによると普通ウルメイワシが釣れるのは7月いっぱいだそうです。今年は予想外の冷夏になっていて、8月に入って釣れるはずのカマスが全然だめだったりと釣り物も若干釣り期がずれているのかもしれませんね。

        反省=今回は慣れない海釣りイベントで色々とご不便をお掛けしました。この経験を活かして次回はバーブレスフックの比較実験をするためにきちんと準備をしたいと思います。ご参加ありがとうございました。(事務局、吉田俊彦)

        ※以下当日のスナップ写真館です。会員便りhttp://bla-member.jugem.jp/?mode=comment&act=captchaも併せてお楽しみください。

         

        駐車場にて準備中みんな8時前に駐車場に集合しました。


        つり場に向けて出発いよいよ釣り場に出発です。
        有理ちゃんとマホちゃんこの可愛いモデルさんたちは、本日の主役でした。左が田邊さんちの有理ちゃん。右が平井さんちのマホちゃん。事務局の手違いで冷凍アミは未だカチンコチンに凍っていました。
        ノムリエ家族田邊会員のお嬢様と奥様。ご家族みんなで普及協会になってくださいました。これからもどうぞよろしくお願いします。
        平井純子教授駿河台大学の平井純子教授は9時前に無事に合流しました。最初は苦戦したものの美味しそうなウルメイワシをゲット。
        平井先生とマホ純子先生とマホちゃん。実は先生は平塚の出身です。午後には実家のお母さまが早速お魚を煮付けにしてくれたそうです。さすがはジモティーですね。


        平井旦那こちらが平井先生の優しそうな旦那様。運転ご苦労様でした。まあ寛容で優しくなかったら平井先生と一緒にいられませんからね。ウルメイワシを連続ヒットしていました。素敵な笑顔でした。

         

        ボラで、結局この一尾が本日の大物賞です。イナッ子が回遊しだしてからは皆釣れなくなったのに、なぜか純子先生にはアタリがありました。やっぱり何か持っている人なんでしょうね。
        スズキの幼魚も釣れたよイベント終了後の午後、相模川の河口でスズキの幼魚が釣れました。
        (写真提供=田邊、千亜紀、北原、知来) こんどはサバ釣りいきましょう。

         

        | カテゴリー未設定 | 10:24 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        スタッフ募集!第9回多摩川源流トレイルラン大会
        0

          当協会と縁の深い小菅村。ブナやミズナラを育くむその源流地帯をステージとするトレイルラン大会が9月10日(日)に開催されます。今年で9回目を迎えるこの大会は私共入間市の隣町のKFC青梅市トライアスロン協会さんの企画運営する大会です。KFC代表の大西さんは本当に素晴らしい方で近隣のトレラン大会から自転車のヒルクライム大会、マイクロネシアのロタ、サイパン、グアムなど海外の国際トライアスロン大会までボランティアベースで先頭に立って運営されています。

          さて今回小菅でスタッフが若干不足している旨、廣瀬屋旅館さんから連絡がございました。都合のつく方は当日大会運営スタッフとしてご協力いただけないでしょうか。若干の謝礼がございます。

          釣りのイベントだけでなく、様々なスポーツイベントに関わることは色々と参考になることも多いと思います。また制限時間4時間半のレースなので終了後に小菅川で釣りをする時間は十分にあると思います。シーズン後半の小菅川を一緒に楽しみましょう。皆さま是非ご協力くださいませ。(事務局=実は選手でエントリーしてる吉田俊彦

          [1] 日時  2017年09月10日(日)
          [2] 開催地 山梨県小菅村 小菅の湯から周回25キロのコース 
          [3] 主催  多摩川源流トレイルラン大会実行委員会
          [4] 後援  小菅村、西東京市役所トレイルランニングクラブ、日本スポーツ&ボディ・マイスター協会(JSBM)
          [5] 資格  山で挨拶ができる人 選手を笑顔で励ませる方
          ※ご協力いただきました方には若干の謝礼がございます。
          ※ご協力いただける方はoffice@npo-barblesshook.comへメールもしくは090-2234-1938吉田までお知らせください。
          KFC青梅市トライアスロン協会公式ホームページhttp://www.kfctriathlon.com/html/event_trail.html#Tama_trail
          グアム・ラン
          KFC運営の第1回グアム国際トライアスロン大会のランの様子。

           

          | カテゴリー未設定 | 10:03 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          8月20日㈰第1回・海釣りイベントのお誘い
          0

            ハナダイ神奈川県の平塚新港にて海釣りにバーブレスフックで挑戦してみませんか。平塚新港付近は相模川の河口にあるため、ポイントによって海水から汽水域に生息するマゴチ、クロダイ、スズキ、ハゼ、ボラなどいろいろな対象魚が狙える人気釣り場です。今回は足場の良い岸からの釣りのみです。お気軽にご参加ください。

             

             

            1. 日時  8月20日㈰ 午前8時から11時頃
            2. 場所  平塚市 平塚新港 有料駐車場あり
            3. 会費  無料
            4. 対象  会員とそのご家族・ご友人様
            5. 申込  事務局までメールか電話(090-2234-1938吉田俊彦)まで
            6. その他 帽子は必携。サングラスの着用推奨。
              ※荒天高波の場合中止です。その場合は前日の18時に本ブログで発表します。

            (事務局吉田)

             

             

            | カテゴリー未設定 | 21:35 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
            7月30日霞川夏休み水辺の生き物教室スタッフ募集!
            0

               

              釣れた!恒例の霞川の釣りとガサガサ体験を実施します。スタッフとして参加協力できる方を募集いたします。内容は小物釣りの指導、学童の安全監視です。仕掛け作りの得意な方大歓迎です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

               

              • 日時 7月30日㈰ 午前7時から11時 
              • 集合 現地7時、または事務局は6時30分
              • 場所 霞川 入間市中神上橋
              • 募集 若干名 
              • 資格 お魚が好きで、笑顔で挨拶できる方

              ※当協会規定による薄謝がございます。熱中症対策の帽子と飲み物を各自ご用意ください。

               また児童対象イベントにつき時間内は禁煙とさせていただきます。受動喫煙防止にご協力くださいませ。

               

              ※準備の都合上、お手数ですが協力できる方は事務局吉田までご連絡くださいませ。office@npo-barblesshook.com

              または携帯090-2234-1938(吉田俊彦)よろしくお願いいたします。

               

              | カテゴリー未設定 | 07:00 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              報告・三井アウトレットパーク入間・魚類展示・金魚釣り体験
              0

                6月24日㈯に入間市宮寺の三井アウトレットパーク入間の常設ステージにて、埼玉県西部地域の観光誘客キャンペーン事業として魚類展示解説と金魚釣り体験を運営いたしました。前日夜の搬入そして撤収作業まで入間市商工観光課の皆様には大変お世話になりました。入間市、狭山市、所沢市、飯能市(ダイア4市)と日高市、埼玉県西部地域振興センターが協力するイベントに参加でき本当にやりがいがあり、当協会の会員も貴重な体験が出来ました。このような機会を作っていただきました入間市商工観光課の皆さん、そしていろいろとご配慮いただきました三井アウトレットパーク入間・企画担当の皆さんにこの場をお借りして御礼申しあげます。

                以下、その様子を写真でご報告いたします。

                 

                全景ステージダイア4市に属する飯能市・入間市・狭山市・所沢市と、隣接する日高市に関わる魚の展示をしました。入間川の水槽、高麗川の水槽、不老川の水槽に分けて展示しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                子供目線入間市を代表する魚としてギバチを別の水槽で展示解説しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                子供目線2今回の展示テーマは子供目線。特に10歳以下の子供さんがじっくり見られるようにあえて台は使わずに水槽を低い位置に展示しています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                金魚釣り魚が落ち着かなくて、難しかった金魚つり。これも体験ですね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                やった釣れたー小さな金魚が釣れました!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                やったー釣れた!やったー!ぼくにも釣れました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                コバトンコバトン暑い中応援ありがとう!

                入間市をはじめ飯能、日高、狭山、所沢市職員の皆様本当にご苦労様でした。

                またこのような機会に地域振興で協働させていただきたいと思います。

                ありがとうございました。(写真と文 吉田俊彦)


                 


                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                 

                 

                | カテゴリー未設定 | 09:21 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                24日(土)スタッフ募集=三井アウトレットパーク入間・金魚釣り体験!
                0

                  6月24日㈯に入間市宮寺の三井アウトレットパーク入間の常設ステージにて、埼玉県西部誘客キャンペーンが行われます。県西部の観光誘致を目的に所沢、狭山、飯能、入間の4市(ダイヤ4市)に日高市が加わってこの地域の魅力を発信しお客様を呼び込もうとする試みです。当協会では今年度のキャンペーンを入間市商工観光課と協働しイベントに参加運営いたします。

                  当日は魚類の展示解説とともにステージ上にて子供向け金魚釣り体験のコーナーを運営いたします。フックはもちろん極小のバーブレスフックを使用します。そこで午前10時から午後3時までステージにて金魚釣り担当のスタッフを募集いたします。

                  • 日時 6月24日㈯ 午前10時から午後3時
                  • 場所 三井アウトレットパーク入間 中庭常設ステージ
                  • 募集 若干名 
                  • 資格 お魚が好きで、笑顔で挨拶できる方

                  ※当協会規定による薄謝がございます。昼食の用意はございません。

                   

                  協力できる方は事務局吉田までご連絡くださいませ。office@npo-barblesshook.com

                  または携帯090-2234-1938(吉田俊彦)よろしくお願いいたします。

                   

                   

                   

                   

                   

                  | カテゴリー未設定 | 09:13 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  小菅トラウトガーデン・バードウィークテグス拾い
                  0

                    有理ちゃん5月18日木曜日、山梨県小菅村の小菅トラウトガーデンでバードウィークテグス拾いが実施されました。11名の会員とご家族様が参加されました。平日にも関わらずご参加いただきました青梅の田中会員、ご家族4名で浦和からご参加いただいた田邊会員には本当に感謝しております。当日は午前中から雨が降ったり止んだりの不安定な天候ながら午前9時から11時までの約2時間の作業を終了しました。それをまるで待っていたかのように11時半には雷を伴った本降りになりましたが無事に任務を達成することができました。

                    このテグス拾いは日本鳥類保護連盟が5月から10月に掛けて呼び掛けている「全国一斉テグス拾い」に真面目な田邊・岡田当協会が賛同しておこなわれました。

                    管理釣り場でのテグス拾いは初めての試みであるため、一見ゴミなど見当たらないトラウトガーデンで本当にテグス回収できるのか事務局としては少し不安がありました。しかし鋤簾や枝などを使って足元を引っ搔いてみると踏み固められた岸からもテグスがどんどんでき来ました。また周囲の木の枝にはまるで本物の毛虫やミノムシがぶらさがっているようにフライが垂れ下がっていました。その結果テグス151グラム(連盟による1グラム13mの推計で約1962m)とルアー30個とフライ40本が回収されました。

                    テグス今回のこのイベントの企画は若林副代表によるものです。事前の準備から本日22日発売のスポニチで本イベントの報告記事を大きく掲載していただきました。本当にありがとうございました。またメーカー代表としてテグス拾いに参加していただきました(株)モーリスの岡田氏に御礼申し上げます。そのことを含めて日本鳥類保護連盟に報告させていただきます。最後になりますが当協会の申し入れを受け入れ暖かく迎えてくださった小菅トラウトガーデン様に深く御礼申し上げます。(事務局=吉田俊彦)

                    ※以下作業風景のスナップです。

                    学草刈り草刈り担当はあの舩木学さん。この草刈り機にもテグスが絡まってくるので効率よくテグス回収ができます。小菅川でミノーイングさせたら学さんに勝る人はいないと思います。渓流ルアー釣りの達人です。
                     

                    APC今回の事業の企画立案、準備、運営MC、新聞掲載までパーフェクトにこなしていただいた若林副代表。午後の懇親釣り会でもしっかり甲斐サーモンを2尾釣り上げておられました。これからはミスターパーフェクトと呼ばせてください。(笑)
                     

                    フライ枝からぶら下がっているフライ。これでは鳥には本物のエサと区別できないでしょうね。
                     

                    集合写真ゴロゴロっと音がして、あわてて撮った集合写真です。10分後には土砂降りでした!
                     

                    ヤマメ唐揚げ定食お昼はトラウトガーデン名物のヤマメ唐揚げ定食をいただきました。今回はヤマメと岩魚が一尾づつ。滅茶美味です!

                    この唐揚げはもちろん頭から全部たべられます。
                     

                    ※ここからは午後のお楽しみ懇親釣り会のスナップです。

                    田邊さんヒット田邊さん余裕のヒット連発!

                    テンカラ大王直伝のテンカラテクニックなら怖いものなしですね。

                    この日の朝、田邊さんは朝一で上流部に入り見事天然の尺イワナを釣り上げています。
                     

                    廣瀬さんランディング今回は徒歩で参加された廣瀬さん。良型のトラウトを余裕のランディングです。


                     

                    コバルト鱒このお魚、色がコバルトブルーでめっちゃきれい。噂のアルビノ・コバルト鱒です。

                    美しい水と森、そしてこんな素敵なお魚がたくさんいる小菅トラウトガーデンに是非お出かけください。


                    (写真と文 吉田俊彦)

                    | カテゴリー未設定 | 08:30 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    フライロッダーズ夏号に「カワウ問題」の原稿を掲載しました。
                    0

                      kawau私はバーブレスフック普及協会の活動と協働し地元入間川で漁場監視員をして現場で活動してきました。数年前からは埼玉県から委嘱されカワウの調査捕獲に従事しています。1970年代にカワウは3000羽程度になり絶滅の危機に瀕し保護鳥になりました。ところが現在カワウは全国に10万羽以上と爆発的に増えてウグイ、鮎などの在来魚類が捕食され壊滅的に減少し深刻な問題を引き起こしています。どうしてこのような事態になったのか。反省すべきは何なのか。漁協がやるべきことそして釣り人として出来ることをまとめた原稿(カワウとうまくつきあう)を釣り雑誌、地球丸刊「フライロッダーズ」2017夏号に掲載しました。書店にてご覧いただけますと幸いです。

                      やはり自然を狂わせてしまったのは人間のように思います。一度絶滅の淵に追い込まれ種保存の緊急モードのスイッチが入ったカワウ。今も一年中繁殖し生息地を拡散しています。カワウの現状を通じて日本の水辺環境を見直してみませんか。(吉田俊彦)

                      | カテゴリー未設定 | 10:12 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP