〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 水辺感謝の日=びん沼川清掃無事に終了 | main |
情報隠蔽はイジメに等しい=とても残念な東京五輪
0

    どうして、こんなことになってしまったのでしょう。唐突だったIOCのマラソン競技サッポロ移転開催の決定。事実上、開催都市東京を無視。本日の会見での「合意なき決定」とは小池知事の言葉。多くの人々の無念怒りを率直に表現したものだろう。

    今回、私が一番残念に思ったのは競技札幌移転の情報が小池知事にだけ伝えられておらず、札幌に決定するまでに何の相談もなかったことだ。つまり意図的な情報の隠蔽である。IOCと組織委員会の森さんたち、そして札幌の市長は事前に情報共有していた様子。でも開催地の東京都知事は蚊帳の外だったという。

    これって単純に「いじめ」と同じ構造だと思う。都民の代表者を仲間外れにしたのである。

    IOCの偉い人たちに言いたいのだけれど、こんなやり方は組織の自滅でしかない。私は都知事の支持者でもないし都民でもないが、一人の日本人として無礼なIOCをとても腹立たしく思う。このやり方は東京をそして日本を完全になめている。仲間外れほど後味の悪いいじめはない。仲間外れにされた人は、仲間外れにした人たちをずっと恨むものだ。マラソン競技東京開催に深く関わった人こそIOCを憎むに違いない。この憎悪や怒りの恨みのエネルギーは簡単には消えずに多く人々に伝播し、商業主義的な運営に陥ってしまったIOCそのものに向けられることだろう。このマラソン競技移転を札幌市民が歓迎するならば、もう日本はワンチームなんかになれるわけがない。少なくとも、来年バッパ会長が来日されても私はおもてなしする気持ちにはなれないだろう。教訓にするにも無念な今回の出来事だが、せめて我々NPO法人バーブレスフック普及協会は分け隔てのない情報の共有を心掛け、開かれた会の運営を目指したいと思う。(代表=吉田俊彦)

     

     

     

     

    | カテゴリー未設定 | 00:05 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP