〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 10月5日開催決定!男鹿川復活プロジェクトのお知らせ! | main | 水辺感謝の日=びん沼川清掃無事に終了 >>
報告=第7章男鹿川復活プロジェクト 10月5日(土)開催されました。
0

    栃木県日光市の三依地区(みより)を拠点に精力的に活動を進める当協会の田辺宣久会員。田辺さんが三依にほれ込み協力隊として移住し約半年が経過しました。おじか・きぬ漁協三依支部の皆さん、組合長の石山さんをはじめ多くの地域の方々の熱意と努力によって、テンカラ大王こと石垣尚男先生を愛知から召喚することにより、大変すばらしいイベントが実現しました。午前中の第一部では河川の降り口の整備とヤマメの親魚放流事業、その後の意見交換会の中で、石垣先生より男鹿川の三依地区に日本初の「テンカラ釣り専用区」を設ける提言がなされ、石山組合長から前向きに検討し準備をしていきたいとの発言がありました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    午後にはテンカラ大王による初心者てんから教室が開催され、多くの人にテンカラ釣りの面白さと奥深さが伝えたれました。またこれでテンカラウイルスが栃木県北に広がっていくことでしょう。

    そして、大王の専属運転手を務めていただいた北原会員、ボランティアで協力してくれたテンカラ女子の吉岡さん本当にありがとう。なにより人知れず大変な努力をしイベントを成功に導いた田辺典久会員に敬意を表したいと思います。大変ご苦労様でした。これからも一緒にがんばりましょう。

    これを契機に三依地区が益々活性化していくように当協会を挙げて協力していきたいと思います。(代表理事=吉田俊彦)

     

    三依地区に日本初のテンカラ専用区設置を提言された石垣尚男先生

     

    これが石垣流毛鉤の効果ですね。みごとなイワナを釣り上げました。

    おじか・きぬ漁協の皆さんには大変お世話になりました。またご一緒できることを楽しみにしています。

    親魚放流されたヤマメ。尺から40センチ近いみごとな親魚でした。
    男鹿川本流に放されたヤマメ。バケツの前の大きな黒い影が大ヤマメです。
     

     

     

    | カテゴリー未設定 | 07:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP