〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< スタッフ募集!第9回多摩川源流トレイルラン大会 | main | 不老川スタッフ募集! >>
楽しかった平塚新港の海釣りイベント
0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    20日㈰、第1回海釣りイベントが開催され11名の会員とご家族様が湘南の平塚新港に集合しました。今回特別なゲストとして駿河台大学の平井純子教授とご家族様が釣り体験されました。お天気が不安定な中遠路ご参加いただき皆様本当にありがとうございました。

    八時半の開場を待つさて、当日のお天気は曇りで時々小雨がぱらつく空模様。波も穏やかで暑くはない釣り日和でした。左の写真は8時半の防波堤の開門時間を待つバーブレスのメンバーです。ずるして既に入っている人もいましたが、ルールを守って楽しい釣りをしましょう。

    ところで事務局では前日に上州屋狭山店で冷凍アミとサビキ仕掛けをたくさん用意しておいたのですが、よせ餌にするためのアミが凍った状態のままで使えず最初から悪戦苦闘。クーラーに入れて一晩でも溶けていませんでした。どうにか9時にはみんな釣りはじめましたが、どうも魚の気配がありません。気になって広い平塚新港をグルっと見回しても魚が釣れている様子がないのです。10時になってもアタリなし。これじゃバーブレスフックの実験をするどころか全員オデコなんてこともあり得るなとこの時は思いました。この状況を最初に打開したのは飯能から参加してくれた中一の三上亘君(写真で赤いシャツの男の子です)。白いサビキでウルメイワシを見事釣り上げました。釣り初めてから1時間半誰も釣れなかったのだから大喜びです。10時半ごろからはウルメイワシの大群が回ってくるようになりました。あちこちで釣れ始めました。イベント終了時刻の11時はまさに佳境。入れ食いで終了できるわけないですね。こんな状態が断続的に続きましたが、しばらくすると魚はいるのに簡単には釣れなくなりました。よく見るとウルメイワシの群れではなくてイナッ子(ボラの子供)の群れに魚が入れ替わっています。ほとんど釣れなくなりちょうどお昼に納竿としました。

    毎週ここに釣りに来ている地元のおじさんによると普通ウルメイワシが釣れるのは7月いっぱいだそうです。今年は予想外の冷夏になっていて、8月に入って釣れるはずのカマスが全然だめだったりと釣り物も若干釣り期がずれているのかもしれませんね。

    反省=今回は慣れない海釣りイベントで色々とご不便をお掛けしました。この経験を活かして次回はバーブレスフックの比較実験をするためにきちんと準備をしたいと思います。ご参加ありがとうございました。(事務局、吉田俊彦)

    ※以下当日のスナップ写真館です。会員便りhttp://bla-member.jugem.jp/?mode=comment&act=captchaも併せてお楽しみください。

     

    駐車場にて準備中みんな8時前に駐車場に集合しました。


    つり場に向けて出発いよいよ釣り場に出発です。
    有理ちゃんとマホちゃんこの可愛いモデルさんたちは、本日の主役でした。左が田邊さんちの有理ちゃん。右が平井さんちのマホちゃん。事務局の手違いで冷凍アミは未だカチンコチンに凍っていました。
    ノムリエ家族田邊会員のお嬢様と奥様。ご家族みんなで普及協会になってくださいました。これからもどうぞよろしくお願いします。
    平井純子教授駿河台大学の平井純子教授は9時前に無事に合流しました。最初は苦戦したものの美味しそうなウルメイワシをゲット。
    平井先生とマホ純子先生とマホちゃん。実は先生は平塚の出身です。午後には実家のお母さまが早速お魚を煮付けにしてくれたそうです。さすがはジモティーですね。


    平井旦那こちらが平井先生の優しそうな旦那様。運転ご苦労様でした。まあ寛容で優しくなかったら平井先生と一緒にいられませんからね。ウルメイワシを連続ヒットしていました。素敵な笑顔でした。

     

    ボラで、結局この一尾が本日の大物賞です。イナッ子が回遊しだしてからは皆釣れなくなったのに、なぜか純子先生にはアタリがありました。やっぱり何か持っている人なんでしょうね。
    スズキの幼魚も釣れたよイベント終了後の午後、相模川の河口でスズキの幼魚が釣れました。
    (写真提供=田邊、千亜紀、北原、知来) こんどはサバ釣りいきましょう。

     

    | カテゴリー未設定 | 10:24 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP