〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
訃報=川田さんがご逝去されました。
0

    本日、丸沼から悲しい連絡がありました。当協会の二代目代表を務められた川田道紀さんが昨日ご逝去されました。川田さんと言えば歯に衣着せぬ物言いと実行力で、奥日光菅沼の解禁やエクステラジャパン丸沼大会の運営などジャンルを超えた数々のイベントに携わられました。また当協会と鳥類保護連盟との友好的な関係を確立してくださいました。ルアーやフライの釣り人からはかつての菅沼の名物村長としてご存知の方が多いかもしれません

    近年、川田さんはガンで闘病しながらも精力的にロシアに遠征しサハリンのキングサーモンと対峙してこられました。ご注文いただいたそれに見合うタックルやフックが用意できなかったこと、本当に申し訳なく思います。本当にお世話になりました。川田さんのご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。(吉田俊彦)

     

    川田道紀さん法事

    お通夜=11月28日(火) 18時より 桐生典礼会館

    告別式=11月29日(水) 13時より 同上

     

     

     

     

    | カテゴリー未設定 | 18:16 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
     雨の「びん沼川清掃」お疲れ様でした。
    0

      びん沼川清掃入間市の株式会社モーリスからは田中部長をはじめ12名もの社員が清掃に参加されました。ちなみにモーリスってVARIVS製品作ってる会社ですよ!来月のシラコバトフィッシング祭りでは我々と連合してルアー釣り場を担当します。

      15日の㈰雨の中、さいたま市西区のびん沼川清掃が実施されました。さすがに雨の中での開催となりましたが50名の釣り人とメーカー関係者が集まりました。参加された皆様本当にお疲れ様でした。当協会からは入間在住の私吉田と浦和在住のレッズサポーター田邊会員が参加してまいりました。現場のゴミの量は残念ながら大変多く、明らかに釣り人が捨てていったものも少なくありませんでした。集合場所となった河川敷には日釣振のゴミ持ち帰りを促すマナー啓発看板もあるのですが、なかなか釣り場がきれいにならないのが現状のようです。

      昨日は雨の中でのゴミ拾いになってしまいました。中止でもよいのではとの声もありましたが、私は多少の雨でもこのような地道なゴミ拾いを続けることは重要だと考えています。毎回この清掃イベントの事務局を担当されている日釣振埼玉支部の岩井事務局長のご苦労は大変なものだと思います。いつも本当にありがとうございます。実はいろいろなイベントの事務局をやってみると分かるのですが、イベントが中止になる方がかえって大変だったりします。イベントによっては仕事が増えてしまうことさえあります。来月のシラコバトフィッシング祭りは好天に恵まれますように祈って止みません。多くの方々に釣りの楽しさを知ってもらえるように、岩井さん、モーリスの皆さん、来月も一緒に頑張りましょう!(吉田俊彦)

       

      | カテゴリー未設定 | 10:42 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      びん沼清掃のご案内
      0

         

        集合写真10月15日日曜日は水辺感謝の日です。今年も日本釣り振興会埼玉県支部の呼びかけにより釣り人によるさいたま市の「びん沼川清掃」が行われます。実質1時間ほどの清掃活動です。時間のある方は一緒にゴミ拾いしませんか。今年はあまり天気予報が良くないのですが、私は入間から自転車でサイクリングがてら参加予定です。お近くの方は散歩がてらおいでください。

        このような機会に県内のメーカーさんや他の釣り団体の人たちと顔見知りになることは良い事ですよね。(事務局=吉田俊彦)

         

        日時     平成29年10月15日㈰ 午前8時から9時半

        清掃実施区間 さいたま市西区 三本木橋〜びん沼橋間の左岸

        集合     8時にびん沼川左岸の塚本町公衆トイレ付近

        住所     さいたま市西区塚本町2−136付近   

        主催     公益財団法人日本釣振興会 埼玉県支部    

        その他    少雨決行です。

         

         

         

         

         

         

         

        | カテゴリー未設定 | 10:10 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        噂のハコスチ釣りました!テンカラ王室秋の釣遊会にて
        0

          イワナとヤマメ※岩魚とヤマメの活性はとても高かったです。
          「テンカラ王室秋の釣遊会」にご参加の皆様ご苦労様でした。石垣先生には新幹線を乗り継いではるばる群馬までお越しいただき感謝しております。皆さま本当にありがとうございました。イベント報告は田邊会員による会員便りをご覧くださいませ。

          さて、今回事前の情報で釣り場に「ハコスチ」という聞きなれない魚がいるということを知りました。ネットで検索してみるとどうやらニジマスの一種で群馬県水産試験場が交配開発したゲームフィッシュとのこと。ハコスチのスチはスティールヘッド由来で引きの強さは釣り人の間で噂になるほど。ぱっと見はニジマスだからやっぱり釣って見なければ噂の真相は分かりません。そこで私はテンカラ王室の釣遊会にも関わらず、こっそりと禁じ手のリール付き西洋式毛針竿と大きなネットを持参して参加したのです。

          ところが会場の某管理釣り場さんはネットには名前を出すな!と言うだけあって、大混雑でした。ハコスチの放流されているような場所は大人気で投げることもままなりません。「あのーここに入って釣ってもよろしいでしょうか」と先行する釣り人に声を掛けること数回。「うーんロッドを横から振るから危ないよ」とか「ここ知り合いが来るから」とか理不尽な断られ方が続きました。仕方なく不本意なポイントでフライをドリフトしても釣れるのは尺までで、狙いの40オーバーのハコスチには遠く及びません。

          遅いお昼はとても楽しい一時でした。テンカラ大王こと石垣先生と大王ファンの皆様と楽しい昼食はあっという間に時間が過ぎて行きました。ゆっくりし過ぎて午後3時になってしまい急いでフィールドに戻りました。ハコスチの顔をなんとしても見てみたい。でも好ポイントはどこも人で一杯。

          全身ハコスチ

           

          ※これが噂のハコスチです。ヒレが大き目で細マッチョで銀色系なのが特徴。
          空いているのは木が被って普通にはキャストできないポイントだけです。真後ろにも柳の大木あり。ハーディーの古い竹竿をしならせてシングルハンドのジャンプロールキャストで岸ギリギリを狙いました。ニンフは木の下をかいくぐって15メートルほど先のバンクにポトンと着水。物陰から飛び出した魚影が見えました。一瞬間をおいてアワセをいれると、次の瞬間強烈にラインが走りそしてジャンプ!方向を変えてまた突っ走り大ジャンプ。銀色っぽく輝く魚体は間違いなくハコスチだと確信しました。リールでのやり取りをすること約5分。ネットに入ったのは引き締まった体形の43僂任靴拭このお魚はありがたくキープさせていただき一晩冷蔵庫で寝かせてから食べてみました。

          おろし身ハコスチは釣り用に改良したお魚とのことでしたが、さばくとその身は完全なサーモンオレンジです。刺身でも焼いても本当においしいお魚です。無駄な油がないのに身には脂がのっている。個人的には今まで食べたニジマス系の魚でナンバー1です。スーパーに並ぶトラウトサーモンのように食用に特化した幅広ニジマスとは一線を画した濃い味わいが印象的でした。「釣ってスリリングで、食べてめちゃ美味しい」このハコスチを生み出した群馬県水産試験場の皆さんに敬意を表したいと思います。流通していないので群馬県を訪れた釣り人にしか食べるチャンスのない稀少魚と言えるかもしれませんね。(釣り人=吉田俊彦)

          正しい向き刺身お刺身でも臭みが全くと言って良いほどない赤身でした。

           

           

           

          | カテゴリー未設定 | 14:13 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          テンカラ王室秋の釣遊会のお誘い
          0
            NPO法人バーブレスフック普及協会事務局より石垣先生のテンカライベントのご案内です。
            10月8日(日)に群馬県藤岡市の管理釣り場にて、
            テンカラ大王こと石垣尚男先生の「テンカラ王室秋の釣遊会」が開催されます。
            小菅のテンカラ教室に参加された方、および当協会の会員限定の会費無料の釣行会です。
            実は会場となる釣り場の意向により会場名がウェブ上で公開できません。
            ご参加ご希望の方は当協会事務局までメールまたは事務局吉田携帯(090-2234-1938)まで直接お問い合わせください。本イベント実行委員会担当者より要綱詳細を返信いたします。
            皆さまとまたフィールドでお会いできますことを楽しみにしております。(吉田俊彦)
            テンカラ大王写真
            ☆開催日時: 2017年10月8日(日) 9:00~12:00
            ☆開催場所: 群馬県藤岡市    
            ☆参加費用: 無料 ※別途管理釣場費用4,000円が必要です。
            ☆参加資格: ‐菅川テンカラ教室参加者
                   ■裡丕亘/優弌璽屮譽好侫奪普及協会普及会員及び正会員
                   笑顔で挨拶出来る方
               ※少雨決行、荒天や増水の場合は中止致します。
            主催 テンカラ王室秋の釣遊会実行委員会  
            後援 NPO法人バーブレスフック普及協会
            | カテゴリー未設定 | 09:25 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
            報告・小菅村・第9回奥多摩源流トレイルラン
            0

              ゴール10日に山梨県小菅村で開催されまし第9回奥多摩源流トレイルラン。スタッフで協力いただきました会員の皆様本当にご苦労様でした。今回申し訳ないことに、私が既に選手でエントリーしたあとの募集にも関わらずスタッフ派遣ができたことは当協会と小菅村の深い繋がりを示すものではないかと思います。皆様の応援のお陰で完走できました。また広瀬さんには当協会会員を取りまとめていただき感謝申し上げます。ありがとうございました。

              私が選手として走ってみての感想ですが、この大会ほど暖かい応援スタッフが多いトレイルラン大会はないと思いました。コースの大半は深い森の中で、針葉樹の急斜面を抜けると稜線はブナやミズナラの林間の尾根道です。ですからスタッフは配置される場所によっては1200m級の稜線まで荷物を持参して登らなくてはなりません。当然車は途中までなので普通のマラソン大会とはサポートする側の大変さが違います。このイベントに必要なスタッフ数は200名にもなるそうです。小菅村の人口が700名ほどですから驚きですね。

              舩木村長のお話しでは来年は「第10回記念大会」として更に盛り上げていくとのこと。当協会としても微力ながら協力していきたいと思います。またこの大会を主管運営するKFC青梅トライアスロン協会のスタッフと大西さんは大会の動画をドローンで空撮するなど新たな試みをされていました。しかしながらKFC大西代表の運営方法で私が一番素晴らしいと思うのは「山で挨拶できる人」をイベントの参加条件に入れていることです。

              これは本当に大切なことで、今回もコース上に一般の登山者もいました。道を開けてくれた登山者に対して「こんにちは、ありがとうございます」が言えないならトレイルランニングは市民権を得られないことでしょう。

              我々が大西さんたちKFCから学ぶべきは自分から挨拶する人間になることです。フィールドで釣り人にあったなら自分から笑顔で挨拶する。「こんにちはー、今日はいかがですか」とか「こんにちは、後ろを通ります。ありがとうございます」でも良いと思います。ポイントは最後に「ありがとうございました」を付け加えること。こんなところから気持ちの良い釣り場と釣り人を増やしていきたいですね。(吉田俊彦)

              奈良倉山

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              登り

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ゴール
               

              | カテゴリー未設定 | 08:53 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              不老川スタッフ募集!
              0

                 

                大物賞9月17日日曜日に「不老川生き物調査」が開催予定です。9月は何かとスタッフ募集が続き恐縮です。このイベントは河川浄化団体『不老川をきれいにする会』(事務局入間市環境課内)の主催で行われます。昨年度は予定されていましたが台風によりやむなく中止となりました。我らがバーブレスの誇る釣り体験の精鋭スタッフで乗り切りたいと思います。当会規定による薄謝がございます。

                当日のスタッフの集合場所と時間をお知らせいたします。

                • 一次集合 バーブレス事務局 7時
                • 2次集合 現地・入間市宮寺公民館 7時30分

                はとごや写ってるよ
                ※なお宮寺公民館駐車場から現地までは徒歩で5分ほどかかります。

                以下入間市が作成した一般参加者向けの実施計画書です。ご協力いただけます方は事務局までメールでお知らせくdさい。どうぞよろしくお願い申し上げます。(事務局=吉田俊彦)

                 

                 

                 

                不老川生き物調査実施計画書

                 

                1.目 的    不老川への関心を高め、川の浄化や水辺環境の向上へつなげるため、日頃自然に接する機会の少ない子供達に、身近な不老川での生き物調査体験を通して、自然の大切さを学び、昔のように川の中で水遊びができる水辺環境を取り戻すことを目的とする。

                 

                2.主 催     不老川をきれいにする会

                  協 賛   特定非営利活動法人 バーブレスフック普及協会

                        公益財団法人 日本釣振興会 埼玉県支部

                        入間漁業協同組合

                 

                3.日 時     平成29917日(日)小雨決行(※荒天中止)

                               午前830分〜午前11時(集合:午前800分までに会場へ)

                ※雨天判定、午前630分。河川水量が多く危険な時は中止の場合

                あり。

                 

                4.会 場     不老川河川敷(宮寺地内大橋付近)

                 

                5.内 容     ・水辺の生き物の捕獲調査・実技等の説明

                               ・魚つり体験(実習形式)。

                ※魚の放流は行わない。釣道具は入間漁業協同組合より借用予定。

                釣り餌は公益財団法人 日本釣振興会 埼玉県支部より提供予定。

                ・五感による河川環境指標調査(川の好感度チェック)による環境

                評価

                 

                6.対 象     子ども(小学生以下は保護者同伴) 先着15

                 

                7.指導者     吉田俊彦氏

                (特定非営利活動法人 バーブレスフック普及協会 代表理事)

                 

                8.参加費     無料(タモ網、バケツ、軍手、ノートは会で用意)

                 

                9.持物・服装  ・帽子、タオル、着替え、飲み物、筆記用具 等

                ※捕った生き物・魚を持ち帰る場合は、ビク等の入れ物を用意

                ・川へひざ下まで入るので、半ズボン(学童は水着着用を推奨)及び

                濡れてもよい靴(裸足で川へ入ることは危険)着用のこと。

                 

                10.申込み    8月1日(火)から8月25日(金)までに事務局(市役所環境課)04-2964-1111 (内線)42254226へ申込み

                 

                以上

                | カテゴリー未設定 | 11:53 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                楽しかった平塚新港の海釣りイベント
                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  20日㈰、第1回海釣りイベントが開催され11名の会員とご家族様が湘南の平塚新港に集合しました。今回特別なゲストとして駿河台大学の平井純子教授とご家族様が釣り体験されました。お天気が不安定な中遠路ご参加いただき皆様本当にありがとうございました。

                  八時半の開場を待つさて、当日のお天気は曇りで時々小雨がぱらつく空模様。波も穏やかで暑くはない釣り日和でした。左の写真は8時半の防波堤の開門時間を待つバーブレスのメンバーです。ずるして既に入っている人もいましたが、ルールを守って楽しい釣りをしましょう。

                  ところで事務局では前日に上州屋狭山店で冷凍アミとサビキ仕掛けをたくさん用意しておいたのですが、よせ餌にするためのアミが凍った状態のままで使えず最初から悪戦苦闘。クーラーに入れて一晩でも溶けていませんでした。どうにか9時にはみんな釣りはじめましたが、どうも魚の気配がありません。気になって広い平塚新港をグルっと見回しても魚が釣れている様子がないのです。10時になってもアタリなし。これじゃバーブレスフックの実験をするどころか全員オデコなんてこともあり得るなとこの時は思いました。この状況を最初に打開したのは飯能から参加してくれた中一の三上亘君(写真で赤いシャツの男の子です)。白いサビキでウルメイワシを見事釣り上げました。釣り初めてから1時間半誰も釣れなかったのだから大喜びです。10時半ごろからはウルメイワシの大群が回ってくるようになりました。あちこちで釣れ始めました。イベント終了時刻の11時はまさに佳境。入れ食いで終了できるわけないですね。こんな状態が断続的に続きましたが、しばらくすると魚はいるのに簡単には釣れなくなりました。よく見るとウルメイワシの群れではなくてイナッ子(ボラの子供)の群れに魚が入れ替わっています。ほとんど釣れなくなりちょうどお昼に納竿としました。

                  毎週ここに釣りに来ている地元のおじさんによると普通ウルメイワシが釣れるのは7月いっぱいだそうです。今年は予想外の冷夏になっていて、8月に入って釣れるはずのカマスが全然だめだったりと釣り物も若干釣り期がずれているのかもしれませんね。

                  反省=今回は慣れない海釣りイベントで色々とご不便をお掛けしました。この経験を活かして次回はバーブレスフックの比較実験をするためにきちんと準備をしたいと思います。ご参加ありがとうございました。(事務局、吉田俊彦)

                  ※以下当日のスナップ写真館です。会員便りhttp://bla-member.jugem.jp/?mode=comment&act=captchaも併せてお楽しみください。

                   

                  駐車場にて準備中みんな8時前に駐車場に集合しました。


                  つり場に向けて出発いよいよ釣り場に出発です。
                  有理ちゃんとマホちゃんこの可愛いモデルさんたちは、本日の主役でした。左が田邊さんちの有理ちゃん。右が平井さんちのマホちゃん。事務局の手違いで冷凍アミは未だカチンコチンに凍っていました。
                  ノムリエ家族田邊会員のお嬢様と奥様。ご家族みんなで普及協会になってくださいました。これからもどうぞよろしくお願いします。
                  平井純子教授駿河台大学の平井純子教授は9時前に無事に合流しました。最初は苦戦したものの美味しそうなウルメイワシをゲット。
                  平井先生とマホ純子先生とマホちゃん。実は先生は平塚の出身です。午後には実家のお母さまが早速お魚を煮付けにしてくれたそうです。さすがはジモティーですね。


                  平井旦那こちらが平井先生の優しそうな旦那様。運転ご苦労様でした。まあ寛容で優しくなかったら平井先生と一緒にいられませんからね。ウルメイワシを連続ヒットしていました。素敵な笑顔でした。

                   

                  ボラで、結局この一尾が本日の大物賞です。イナッ子が回遊しだしてからは皆釣れなくなったのに、なぜか純子先生にはアタリがありました。やっぱり何か持っている人なんでしょうね。
                  スズキの幼魚も釣れたよイベント終了後の午後、相模川の河口でスズキの幼魚が釣れました。
                  (写真提供=田邊、千亜紀、北原、知来) こんどはサバ釣りいきましょう。

                   

                  | カテゴリー未設定 | 10:24 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  スタッフ募集!第9回多摩川源流トレイルラン大会
                  0

                    当協会と縁の深い小菅村。ブナやミズナラを育くむその源流地帯をステージとするトレイルラン大会が9月10日(日)に開催されます。今年で9回目を迎えるこの大会は私共入間市の隣町のKFC青梅市トライアスロン協会さんの企画運営する大会です。KFC代表の大西さんは本当に素晴らしい方で近隣のトレラン大会から自転車のヒルクライム大会、マイクロネシアのロタ、サイパン、グアムなど海外の国際トライアスロン大会までボランティアベースで先頭に立って運営されています。

                    さて今回小菅でスタッフが若干不足している旨、廣瀬屋旅館さんから連絡がございました。都合のつく方は当日大会運営スタッフとしてご協力いただけないでしょうか。若干の謝礼がございます。

                    釣りのイベントだけでなく、様々なスポーツイベントに関わることは色々と参考になることも多いと思います。また制限時間4時間半のレースなので終了後に小菅川で釣りをする時間は十分にあると思います。シーズン後半の小菅川を一緒に楽しみましょう。皆さま是非ご協力くださいませ。(事務局=実は選手でエントリーしてる吉田俊彦

                    [1] 日時  2017年09月10日(日)
                    [2] 開催地 山梨県小菅村 小菅の湯から周回25キロのコース 
                    [3] 主催  多摩川源流トレイルラン大会実行委員会
                    [4] 後援  小菅村、西東京市役所トレイルランニングクラブ、日本スポーツ&ボディ・マイスター協会(JSBM)
                    [5] 資格  山で挨拶ができる人 選手を笑顔で励ませる方
                    ※ご協力いただきました方には若干の謝礼がございます。
                    ※ご協力いただける方はoffice@npo-barblesshook.comへメールもしくは090-2234-1938吉田までお知らせください。
                    KFC青梅市トライアスロン協会公式ホームページhttp://www.kfctriathlon.com/html/event_trail.html#Tama_trail
                    グアム・ラン
                    KFC運営の第1回グアム国際トライアスロン大会のランの様子。

                     

                    | カテゴリー未設定 | 10:03 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    8月20日㈰第1回・海釣りイベントのお誘い
                    0

                      ハナダイ神奈川県の平塚新港にて海釣りにバーブレスフックで挑戦してみませんか。平塚新港付近は相模川の河口にあるため、ポイントによって海水から汽水域に生息するマゴチ、クロダイ、スズキ、ハゼ、ボラなどいろいろな対象魚が狙える人気釣り場です。今回は足場の良い岸からの釣りのみです。お気軽にご参加ください。

                       

                       

                      1. 日時  8月20日㈰ 午前8時から11時頃
                      2. 場所  平塚市 平塚新港 有料駐車場あり
                      3. 会費  無料
                      4. 対象  会員とそのご家族・ご友人様
                      5. 申込  事務局までメールか電話(090-2234-1938吉田俊彦)まで
                      6. その他 帽子は必携。サングラスの着用推奨。
                        ※荒天高波の場合中止です。その場合は前日の18時に本ブログで発表します。

                      (事務局吉田)

                       

                       

                      | カテゴリー未設定 | 21:35 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP