〜事務局便り〜                 NPO法人バーブレスフック普及協会

NPO法人バーブレスフック普及協会の事務局便りです
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 秋のびん沼川清掃お疲れ様でした。
0

    集合写真10月16日の水辺感謝の日はとても良いお天気でした。今回は日本釣り振興会埼玉県支部の主催で会員や関係団体60名ほどの参加がありました。当協会からは西山さん、田中さんと私の3名が参加。昨年に比べるとかなりゴミの量が減少したようにも思います。特徴的だったのが9月の台風による豪雨のため水際の灌木や生い茂った草に空き缶やペットボトルが多数引っかかっておりました。中には上流から流れてきたと思われる大きなバケツの残中村さん骸もありました。(マルキューの中村さんが回収しました)

     

    清掃が終わっておにぎりとお茶をいただきました。そのあとバーブレスの我々3人は入間川の上流部の名栗川に行って雑魚釣りを楽しみました。その模様は会員便りをご覧ください。なんか西山さんはテンカラ上手くなってましたね。カワムツも役立ちますね。(事務局・吉田俊彦)

    たくさん集まりました

     

     

     

     

     

     

     

    4人組
    ※今回、モーリスから15名もの社員が参加しました。うれしいですね。

     

     

     

     

     

    | カテゴリー未設定 | 19:00 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    10月16日は水辺感謝の日です。
    0

      回転ハゲオヤジ秋のびん沼川清掃のお誘いです。埼玉県さいたま市に位置するびん沼川は新河岸川に接続する絶好の釣り場として多くの釣り人が訪れる人気釣り場です。問題は釣場に散乱するゴミの多さです。もちろん釣り人だけが捨てたものではありませんが、実際に拾ってみると釣り具のパッケージや釣りエサの袋だったりまたテグスや仕掛けなど明らかに釣り人に起因するものも少なくありません。

      公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部ではこの水辺感謝の日に文字通り大切な釣り場に感謝を込めて釣り場清掃のボランティア活動を続けています。写真は埼玉県支部の宮沢名誉顧問です。なお、申し訳ないのですが本活動には謝金はございません。皆さまのご理解とご協力を期待しています。(事務局=吉田俊彦)

      日時    平成28年10月16日㈰ 午前8時から午前9時30分

      掃実施区間 びん沼川左岸 三本木橋からびん沼橋

      集合場所  びん沼橋左岸 塚本町公衆トイレ付近 例年と同じ 少雨決行

       

      ※当協会では清掃終了後に釣り会を行う予定です。前回6月は成木川でカワムツやオイカワ釣りをしました。河原でお会いしましょう

      キタハラさんプライスレスな活動ならではの価値が見つかるかもしれませんよ。

      ※ご参加の連絡は当協会へEメールoffice@npo-barblesshook.comもしくは事務局吉田携帯090-2234-1938までお知らせくださいませ。よろしくお願いいたします。

       

       

       

       

       

       

       

      | カテゴリー未設定 | 19:13 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      「入間市自然展」が明日から3日間開催されます
      0

        入間市産業文化センター2階でこの週末の3日間入間市みどりの課主催の「入間市自然展」が開催されます。当協会では魚類のコーナーのパネル展示を担当します。今回は霞川の魚類をテーマに12枚ほどパネルを作成しました。魚の解説の他に入間漁協の産卵床造成の写真も展示しました。また我々が運営主管である霞川夏休み生き物教室の様子や昨年度の市民による魚類調査の様子、そして新設された魚道の写真と魚道の役割や効果などのパネルも作成しました。

        この自然展って面白いのが生体の展示は無しっていうルールなのでお魚の水槽展示はありません。パネル作るのって結構な手間なんですが、この年に1回の地味な展示で鳥、植物、昆虫など他の分野の専門の先生方と顔を合わせる良い機会になっています。まあ自然オタクの集まりですね。

        (事務局=吉田俊彦)※写真は去年の様子です。やっぱり地味だなー。内容は濃いんだけどね。西山さんがつかまえたカマツカの写真有効利用してますよ!

         

         

         

         

         

         

        | カテゴリー未設定 | 20:27 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        FlyRodders秋号・大尻沼・丸沼のボートからのアプローチを解説しました。
        0

          ランディング当協会の協賛釣り場「大尻沼・丸沼」での釣りを明日9月21日発売の地球丸刊フライロッダーズ2016秋号で技術解説と実釣を担当しました。私自身久々の雑誌取材でしたが、梅雨明け以降のC&Rの大尻は鱒がスレて来てアプローチや戦術に一工夫が必要になります。フライはもちろんバーブレス。丸沼にしても

          ライズが散っている時には一尾釣ることが難しい状態。風を読み、湖岸にできる流れが分かるとヒット率がグンと上がりますね。使用フライはスレ鱒屋さんのビートルとコルク素材の私のオリジナルテレストリアルです。高橋章さんのフライには何度助けられたこ大尻ニジマスとか。

          あとこの号でお勧めなのが杉坂研治さんのフローティングワカサギ(横向き)の作り方が詳しく載っているところです。これは物凄い破壊力のパターンです!このかつてないほどの完成度。正直いって遠くに投げる必要ないですもんこれ。杉坂さんって本当に天才的な努力家ですね。残念ながらオリジナルのフックはバーブドですが、これを太軸のストリーマーフック2510WBで作れば最強のバーブレス・サスペンドワカサギが作れますよ。興味のあるかたは書店で立ち読みしてみてください。5分後にはレジに並んでいると思います。(吉田俊彦)

           

          ※これから秋の丸沼・大尻沼に釣行を考えている方へ。

          丸沼環湖荘スタッフの宇津さんのブログ丸沼釣り日記が参考になりますよ。http://kankoso.naturum.ne.jp/是非ごらんください。

           

          | カテゴリー未設定 | 10:42 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          不老川水辺生き物教室・中止のお知らせ
          0

            入間市の河川浄化団体「不老川をきれいにする会」主催で9月10日㈯に宮寺地区で開催が予
            定されていた「不老川水辺の生き物教室」の中止が発表されました。残念ですが参加者の安全面を考慮すると今回の教室中止は妥当な判断だと思います。

            はとごや写ってるよ(写真は昨年7月の入間市市民提案型協働事業の魚類調査の様子)
            台風9号による豪雨の爪痕は深く入間市内の霞川・不老川では河川の氾濫や堤防の一部損壊などの被害が相次ぎました。不老川流域は浸水被害が著しく、河畔も侵食され危険な場所があります。自治体が力を合わせて災害復旧に全力をあげなければならない状況です。この教室を楽しみにしておられた市民の皆様、そして予定を合わせて準備いただいたスタッフや関係団体の皆様には大変申し訳ございませんがお許しいただきたいと思います。

            入間市に降った観測史上稀にみる一時間で120ミリという豪雨は河川内の植物にも大きなダメージを与えました。根こそぎなくなっている場所も少なくありません。なにより昨年確認出来た魚たちは無事なのでしょうか?心配ですね。

            皮肉なことですが、9月末の27〜28日の土日に入間市自然展(入間市みどりの課主催・入間市産業文化センターで開催)のテーマは「入間市の川」で魚類については当協会が担当して今回の不老川の調査写真もパネル展示する予定でした。イベントは中止になりましたが、今後どのように河川生態系が回復していくのか、当協会として記録を残して行きたいと思います。(事務局=吉田俊彦)

             

            | カテゴリー未設定 | 09:57 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP